リモンタ社の高品質ナイロンとは?ハイブランドも認める素材

リモンタ社(LIMONTA)のナイロンをご存知ですか?
フェリージやグッチやエルメスなどハイブランドでもかなり使用されているナイロンなんですけど、かなり質感が良くて高密度なんです。
今日はそんなリモンタ社のナイロンを紹介します。

リモンタ社はイタリアの生地メーカーです

リモンタ(LIMONTA)は1893年にイタリア・ロンバルディア州レッコ県コスタ・マズナーガで創業したファブリックメーカーです。
かなり歴史のある生地メーカーで、創業当初はタペストリーやジャガードクロスに特化していました。

リモンタ社が知名度を上げたきっかけ

Line144 1

時が経つにつれて、近代化していったリモンタ社は徐々に事業を拡大しました。
ブームのきっかけは1978年に発表したプラダのバッグです。

プラダのバッグに、リモンタ社の工業用防水が施された軽くて強靭なナイロン素材のポコノを使用したことで、一気に知名度をあげました。

生地の種類

生地の種類としてはポコノの他に、高密度ナイロンのデイビスやデイビスにコットンのボンディング加工をしたダボックを主力として展開しています。

他にもジョージアという生地は一見ナイロンに見えないまるで光沢のあるコットンのような生地もあります。ジョージアは厚手なのに軽いという特徴があります。

リモンタ社のは美しい発色と光沢のあるナイロンやコットンキャンバスに定評があります。

カワニシカバン
イタリア製の革もそうなんですが、発色はかなりキレイです。

どんなブランドが使っているの?

リモンタ社の生地はいろんなブランドで使用されていますが、ハイブランドでも使用されています。
ここでは、そんなブランドを紹介します。

エルベ・シャプリエ(Herve Chapelier)
エルメス(HERMES)
オロビアンコ(Orobianco)
グッチ(GUCCI)
ステファノマーノ(STEFANOMANO)
ダニエル・アンド・ボブ(Daniel & Bob)
フェリージ(Felisi)
プラダ(PRADA)
フランク・ダニエル(FRANK DANIEL)
ラガシャ(LAGASHA)
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

などが使用しています。

カワニシカバン
名だたるブランドが使用しているんですね。
かなり信頼された生地なんですね。

リモンタ社の生地が使用されているカバンの紹介

[フェリージ] Felisi ブリーフケース

81THMzeoScL UL1500

フェリージの定番のブリーフケースですね。
革の質も良くナイロンも当然いいバッグですね。
ポケットも多く、ビジネスマンの方にはうってつけの1品だと思います。

91dBShKStML UL1500

じつはダウンジャケットにもリモンタ社のナイロン生地は使われています。
まあ当然といえば当然なんですけど。
今回紹介した、ピューテリーのダウンジャケットなんですが、ピューテリーのダウンジャケットの記事はリモンタ社のであるとは聞いていたのですが、この商品がそうかどうかはわからないです(´・ω・`)
すみません。

まとめ

今回はリモンタ社についてまとめました。
うーん最近どうも気になるイタリアなんですが、革だけじゃなくて生地もかなりよさそうですね。かなり丈夫そうですし、革だけじゃなくてこういう選択肢もありですよね。

★最後まで読んでくれてありがとうございました★

ランキングに参加しています!ポチってくれるととてもうれしいです♪

  • にほんブログ村 ファッションブログへ
  • にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ

ABOUTこの記事をかいた人

かばんやのかわにし

最後まで読んでくれてありがとうございました♪ カワニシカバンの川西です!よろしくお願いします! カワニシカバンブログではバッグのお手入れの方法や生地や革の事などのバッグ情報ブログです