ABOUT FACTORY
カワニシカバンについて

カワニシカバンがある場所は、うどんで有名な香川県高松市です。

職人の集まりというと、おじさんがなんだか暗いところで、作っているイメージがありませんか??
けれどカワニシカバンは違います!スタッフはみんな若く、全員30代。
縫製の工場としてはダントツで若いのではないでしょうか。
しかし、当然、若いからと言って技術が劣るわけではありません!断言します!

カワニシカバンは、明るい雰囲気の中で、各自が自分の作るカバンに責任を持って取り組んでいます。
と言っても、私達の作ったバッグ自体は百貨店様やアパレルブランド様に卸していることもあり、
丁寧な作業と言うのは自信というか当然と考えております。
(百貨店様のお名前やブランド様の名前は、下請け工場という私たちの立場上伏せさせて頂きます。)

一緒に働いているスタッフのみんなは、真面目で真剣にカバン作りに向かい合ってくれています。
彼女たちが企画したカバンの販売も近々予定しています。
私達は下請け工場ではありますが、アパレルブランド様やバッグのメーカー様から、
頂いたデザイン画を元にバッグのサンプルを作り、裁断から量産までこなしています。。

スタッフ写真

ABOUT STAFF

社長顔写真

川西 功志   ATSUSHI KAWANISHI

1981年生まれ。 香川県立高松工芸高校を卒業後、古着屋の店員、webデザイナー、 自動車整備士などを経て2006年某バッグ工場に従事。そこで、 30歳以上も年上の熟練の職人さんに怒られながら、技術を習得。 バッグのサンプルの作成から裁断、縫製、納品まで一貫して管理。

2012年バッグ工場に従事する傍ら、夢だった古着屋cheeseを開店、 しかしバッグの生産の方が忙しく2013年の終わりごろから古着屋 cheese内でバッグの製造を開始。どんどんバッグの製造に追われる 様になり古着屋を閉店しカワニシカバンとしてカバン工場を設立。 現在縫製工場とは、仕事を依頼したり受けたりという関係を続け、 経営にも一部携わる。


川西 久美子   KUMIKO KAWANISHI

1980年生まれ。カワニシカバンのプレス兼生産管理。Facebook、Instagramのほぼ全てを担当。 妻であり母親である目線から、生活のパートナーとなれる鞄の使いやすさの考慮や、デザイン面でも活躍している。 工房内のムードメーカーでもある。

スタッフ1写真

スタッフ2写真

阿部 沙由里   SAYURI ABE

1986年生まれ。 カワニシカバンのデザイナー兼職人。大阪芸術大学卒。 大阪のバック店の店長を経験し、カバン作りに目覚める。 もともとは趣味ではじめたカバン作りだが、2011年より代表の川西よりカバンの作り方を学び、現在ではデザインから製品の完成まで全ての工程に携わる。


oemスタイル

これからブランドを創りたいあなた、もうすでにブランド構築されているあなた
あなたブランドのカバンOEM製造をお手伝いいたします
どんなカバンを創りたい?「わくわく」しながらカワニシカバンにご連絡を

あなたのカバンブランド構築のサポート

あなたブランドとカワニシカバン

lotは3色100本からお受けします!それ以下はご相談ください。
お好みの生地・金具・テープ類などをお客様が持ち込むことも可能です。

oemバッグが出来上がるまで

プライバシーポリシー

特定商取引法に基づく表記

050-3634-6009

kawainshi kaban all right reserved