ステファノマーノはイタリアのファクトリーブランドです。

ステファノマーノってご存知ですか?
男性向けのビジネス系のバッグを多数発売しているブランドです。
最近個人的にビジネスバッグに興味を持っていていろいろしらべているうちに見つけたブランドです。

今日はそんなステファノマーノ歴史や成り立ちを紹介します。

ステファノマーノはイタリアのファクトリーブランドです。

Stefa prof img02

ステファノマーノは2003年に誕生したファクトリーブランドです。
ファクトリーブランドというだけあって元々はファクトリーでした。
ファクトリーの名前は1974年創業のガスプコム社です。

創業者カリロ・ガスパローニ氏

現在はステファノマーノを誕生させたステファノ氏が社長を務める、ガスプコム社ですが、先代の社長は彼の父カリロ・ガスパローニ氏でした。

カリロ氏は、じつは元々職人というわけではなく、職を転々とした時期をすごしています。
アルファロメオやフィアットを売っていた時期もあるそうで、その職を転々としていた時期に働いていた職場のひとつに、イタリア・ミシンの名門であるミラノのネッキがありました。

ネッキでは重要なポジションにしかし。。。

カリロ氏はネッキで重要なポジションにつきました。
そこで、肝いりの新作を売り出しますが、売れ行きは思わしくありませんでした。
その上、オイルショックに見舞われ、それを期に独立を決めました。

創業当時の主力商品は木枠の鞄でした

Stefa prof img01

創業当初、自前のミシンで、木枠のアタッシュケースや、ビューティーケースを作りました。
それがドイツの通販雑誌で好評を博しOEM生産で当確を表したのです。

STEFANOMANO(ステファノマーノ)誕生

Stefa prof img03

カリロ氏の次男ステファノ氏が立ち上げたブランドです。

ステファノマーノは父カリロ氏がOEM生産で培った技術を基に2003年から構想をすすめ、2004年コレクションをスタートさせたブランドです。

ステファノマーノとはステファノ氏とイタリア語で手仕事を意味するマーノをかけ合わせたブランド名です。

ステファノマーノのバッグの特徴である革が厚くて、糸も太い。
この部分を縫製するには父カリロ氏が考案した押え金がないと縫えないそうです。

現在、イタリアのアルバアドリアティカというアドリア海に面した自然豊かな地で、手仕事ありきのモノづくりを行っているブランドです

まとめ

本来はステファノマーノについてはこの記事一回でまとめる予定だったのですが、思いのほか興味深いブランドで、ついつい多めに調べてしましました。
調べていくうちに、なんだか僕らがやっていることと、OEM時代のガスプコム社に少し似ていた部分があるので、どんどん深掘りしてしましました(^o^)

特に、押え金のところ!僕らも仕事をしてて、この押え金がないと全然仕事にならないなんてのもあるんですよね。他にもラッパっていうのがあるんですけどね。。。
おっと、このままだと話が全然違う方向に行ってしまいそうなので、ここまでにします( •̀ㅁ•́;)

未来ショッピングにて新作seowL先行販売中

★最後まで読んでくれてありがとうございました★

ランキングに参加しています!ポチってくれるととてもうれしいです♪

  • にほんブログ村 ファッションブログへ
  • にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ

ABOUTこの記事をかいた人

かばんやのかわにし

最後まで読んでくれてありがとうございました♪ カワニシカバンの川西です!よろしくお願いします! カワニシカバンブログではバッグのお手入れの方法や生地や革の事などのバッグ情報ブログです