ルイ・ヴィトンはダミエをなぜ誕生させたのか?ヒントは偽物

ダミエと言えばルイ・ヴィトン好きならみんな知ってる市松模様の生地ですよね。
そんなダミエが誕生したのは1888年です。
モノグラムよりも先にダミエは誕生したのです。

一体なぜその生地を誕生させたのでしょうか?
今日はそんなダミエ誕生までを紹介します。

フランスの万国博覧会とルイ・ヴィトン

1859年、アニエール=シュル=セーヌに最初のアトリエを構えると、翌年にはヴィトン社は大量の需要により規模を拡大しました。
そして1867年、パリで開催された万国博覧会でヴィトン社は銅メダルを獲得し、世界的な評判を得ました。
当時、世界的に力を持っていた各国の国王や皇太子、特にスラブ、ラテン系の王侯族に重用されたようです。

1867Delegation

ちなみにこの1867年にパリで開催された、万国博覧会はパリで開催された万国博覧会としては2回目で、この万国博覧会に初めて日本が参加しました。
1867年といえば大政奉還された年でもあります。

カワニシカバン
ルイヴィトンの歴史の長さを感じさせられますね。

コピー商品との戦い

世界的に認められたルイ・ヴィトンには、コピー商品が出回るという問題が発生しました。
ルイ・ヴィトンの技法は、トランクの上から布地を貼るという技法で、効率もよく賢明な技法であったが、安易にコピー商品が出回ることになってしまいました。

そこでストライプキャンバスというベージュと赤の2色で色付けされた布地です。
しかし、この商品も結局はすぐにコピー商品が出ることになりました。

それでも、コピー商品に負けることなく、ルイ・ヴィトンの商品は売れ続けたのです。
そして1885年にはロンドンに進出したのです。

ルイ・ヴィトンのコピー商品との戦いはこの時代から続いていたんですね。
今も昔も悩む問題は同じですね。

ダミエの誕生

20160516 1522840

ダミエが発表されたのは創始者である、ルイ・ヴィトンの息子ジョルジュが流行りの、コピー商品の製造の防止のために、ベージュと茶褐色のチェス盤を模した生地を作り出しました。
それが、ダミエ・ライン。つまりダミエです。誕生は冒頭でも言いましたが1888年です。

そしてダミエは1889年のパリ万国博覧会にて金賞を取りました。
けれども、ダミエのコピー商品も出回り、商標登録もしていたがコピー商品が無くなることはなかったのです。

カワニシカバン
どうでもいいと思いますが、この1889年のパリの万国博覧会でエッフェル塔が作られたそうです。

1892年ハンドバッグの販売を開始そして。。。

1892年には、ハンドバッグの販売を開始し、それらルイ・ヴィトンの商品を掲載した、カタログを作成したのもこの年です。
そして、創始者であるルイ・ヴィトンが亡くなったのもこの年なのです。

カワニシカバン
なくなったルイ・ヴィトンさんは、ハンドバッグを販売することをどう思っていたんでしょうね?
いろいろ調べてみたけれど分かりませんでした。

まとめ コピー商品との戦い

0123 313 2

さて、今回ダミエ誕生のの経緯を紹介させてもらいました。
調べてみて思ったのはルイ・ヴィトンはもう誕生した当初からコピー商品、まあ偽物ですよね。
この偽物と戦ってきたのですね。

現在でもルイ・ヴィトン偽物は存在します。
こう調べてみると、ルイ・ヴィトンの価値が何となく伝わってきました。
みんなホンモノを買おう♪と思いました。

カワニシカバン
以前、ルイ・ヴィトンさんが、どうやってルイヴィトンを誕生させたかという記事も書きました。興味のある方は是非にそちらもご覧下さい。
ルイ・ヴィトンのルーツはバッグや財布じゃなくてトランクです! | バッグの縫製工場|カワニシカバン
ルイ・ヴィトンと言えばものすごい知名度の誰でも知ってるブランドですよね。
みなさんのってどんなイメージですか?セレブな感じ、高級ブランド、おしゃれな…

ルイ・ヴィトンに関する記事をまとめたページを作りました!

《もくじ》ルイ・ヴィトンに関する記事をまとめました。 | バッグの縫製工場|カワニシカバン
ルイ・ヴィトンに関する記事が溜まってきたので、もくじを作りました。
ルイ・ヴィトンのルーツはバッグや財布じゃなくてトランクです!この章ではルイ・ヴィトン氏が生まれ…

ABOUTこの記事をかいた人

かばんやのかわにし

最後まで読んでくれてありがとうございました♪ カワニシカバンの川西です!よろしくお願いします! カワニシカバンブログではバッグのお手入れの方法や生地や革の事などのバッグ情報ブログです