底芯くしゃくしゃ事変。洗い加工はリスク高いよ。

wpid-20151201093642.jpg

カワニシカバンです。娘が7歳になりました。
子供はあっという間に大きくなるな〜なんて完全におっさんみたいなことを思っています。
ちなみに、川西家では、娘と奥さんの誕生日にはケーキが手配されます。
食べ方は上↑の画像の様に雑に食べます。笑

で、今日のテーマは洗い加工のリスクです。
洗い加工をすると、当然ですが1点1点、違った風合いを出します。
当然なのですが、サンプルと全く同じように仕上がる訳がありません。
という訳で、サンプルと違うからとか、1点1点違うから不良品だというのはやめて下さい。

他にも洗い加工トラブルがあります。
と言うかそれが今日起こりました。
トラブルと言うくらいだから、完全に虚をついてきます。

そう、裏地と表地の間に入れていた芯材が洗い加工をすることによってクシャクシャになったりするのでーーーーーーす(;´Д`)

最悪です。
と言ってもカバン関係の仕事をしていない方には全く伝わらないと思いますが。。。
簡単に言うと納品できる状態ではないということです。
そこで、1点1点底心を綺麗に整えます。
途方も無いというかめっちゃめんどい作業です。
大体1本あたり4分位かかるから300本なので1200分かかります。ってことは20時間かかるので、2人で10時間、クシャクシャの芯を整えるという死ぬほどつまらん作業をせねばなりませんでした。

画像は掲載できませんが、とんでもなくめんどい作業でした笑
当然、製品としては全く問題ないです。
でも、めちゃくちゃ忙しいこのタイミングだったので、精神的にもやられてしまいましたよ。ホンマに。笑
なんとか今日中に完了できたので、よしとしますけど。。。

さて今週は2000本位出荷せないけません。
なんとかやりきるぞーーーー!

wpid-20151201093701.jpg

なんか、めっちゃ白髪ふえました。

ABOUTこの記事をかいた人

かばんやのかわにし

最後まで読んでくれてありがとうございました♪ カワニシカバンの川西です!よろしくお願いします! カワニシカバンブログではバッグのお手入れの方法や生地や革の事などのバッグ情報ブログです